障害物競走

私たち、人間の現実は、毎日いろいろな出来事がある。

毎日の習慣的にこなしていくこと、それぞれにとって、一大イベントのようなこと。

そして、自分のことだけでない、社会のこと、会社のこと、家族のこと、子どものこと。

大体の人は、毎日、沢山のことをこなし、問題に見えることを解決し、その中で喜びとなることを

エンジョイしながら生きているだろう。

次から次と起きてくることに対応しては、それをこなし、次へ進んでいく。

まさに、人の人生は「障害物競走」のようだ。

そして、時々、走り続けていると、立ち止まりたくなったり、もう走り続けるのをやめたくなるかもしれない。

ある時、ふと疲れている自分に気づくことがあるかもしれない。

そんなとき、もう一つの現実への興味がわくかもしれない。

それは、元々、障害物競走を一生懸命は知り続けてきた存在は、どこにも居なかったと言う可能性。

出発地点から全くどこにもむかっていなかったというもう一つの現実。

そこには、永遠の安らぎが存在し続けている。

もう一つの可能性は、、究極のリラクゼーション。

much love from love

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s